My style, My life

ファイナンシャルプランナー技能士資格保有者が考える自分の生活

ダンベル × ラジオ体操【ラジオ体操をする際にダンベルを持ってみた】

ラジオ体操をする際にダンベルを持ってみた。

f:id:MT1GCE:20201002194847j:image

(アメリカのダンベルなので2ポンド表示です)

娘が日本語補習校に毎週土曜日に通っていますが、コロナ禍の影響で今年はオンライン授業になっています。

補習校の授業には体育もあって、娘の付き添いもかねて、こっそり参加しています。

その中で準備運動としてラジオ体操を行うのですが、興味本位で家にあるダンベル(1kg)をもってやってみたところ肩がパンパンになり、筋トレみたいになりました。

ラジオ体操が運動として完成されているといったネット記事を目にしますが、ダンベルを持ってやってみる事で実感できた部分があります。

ちなみにラジオ体操第一、第二を通して6分強の時間ですが、ダンベルラジオ体操として第一・第二を通して行うと、終わった後は軽く息が上がり、肩や手はだるさを感じるレベルになります。

軽く息も上がりますから、有酸素運動効果も期待できそうです。

今は1kgのダンベルを使っていますが、慣れてきたらもう少し重さを追加してもいいかなと思います。

ただ、ラジオ体操自体は重りをもって行うように設計されていないので、ケガの心配もありますし、簡単に振り回す事ができる重さが適度かなと考えています。

仕事がデスクワークですので、動的ストレッチ+軽い運動効果を期待してこれからも続けてみようと思います。

このブログを読んで、興味をもたれダンベルラジオ体操を試される方は、自己責任でお願い致します。

 

 

Thank you for visiting my blog.