My style, My life

ファイナンシャルプランナー技能士資格保有者が考える自分の生活

アメリカの風邪薬。 ビックス デイコル&ナイコル 使った感想

f:id:MT1GCE:20191222131305j:image

久しぶりに熱を出して寝込みました。

昨日の夕方から仕事中に急に肩こりがきて、

頭もガンガンしはじめたのですが、

普段も寝不足だったりすると、偏頭痛があるので、

今回もそうかなぁと思い、

家に帰ってからすぐに寝ました。

朝起きて、スッキリしないのでおかしいので、

熱を測ったところ、微熱が…。

微熱と言っても、体感的にはかなり辛く

翌日は家族で用事があるので、すぐに治さねばなりません。

普段は薬を飲まないのですが、今回は久しぶり

に薬を飲みます。

お昼に飲んだのはこちら。

f:id:MT1GCE:20191222132519j:image

P&G社のVICKSブランドのDayQuilです。

日本ですとVICKSは喉飴とかベポラップの塗り薬が有名ですね。

商品名がDayQuilですが、その名の通りお昼用の薬です。眠くなりにくい成分でできています。

夜は同じくVICKSブランドのNyQuilを飲みました。

NyはNightの意味の様で夜用の薬です。

f:id:MT1GCE:20191222222457j:image

こちらはアルコール分10%入りで、飲むと一気に眠くなります。

眠くなりやすい成分が多いみたいです。

さすがは夜用。

 

私がこの薬を飲むようになったのは、会社の人

(日本人スタッフ)にすすめてもらったからです。

こちらの薬は私には合っていました。

特に副作用も出ていません。

アメリカの薬は日本の薬に比べて強いものが

多いで、どの薬があうのか手探りですが、

身近な人が使っているもののアドバイスは助かりました。

 

DayQuil、NyQuilともに家にあるのは咳止め成分が

強化されたものです。

スタンダード、咳・痰止め、解熱作用が強いもの

など症状に合わせて色々売っています。

私の場合はちょっと前に咳が酷い風邪になったの

ですが、その際に妻が薬局でお店の人に相談して

買ってきてくれました。

 

アメリカは医療費も高く、言葉の壁もあるので、

出来るだけ病気にならないように体調管理に

気をつけたいです。

 

Thank you for visiting my blog.