My style, My life

ファイナンシャルプランナー技能士資格保有者が考える自分の生活

英語のシラブル(音節)。

f:id:MT1GCE:20191219090159j:plain


アメリカに来て、英語は大変な思いをしています。

なので英語学習の情報は常々収集しているのですが、

今日、Youtubeを見ていたときに、

おぉ~そうか!!と思った、頭にひらめきがきた動画があったので、

書き留めておきたいと思います。

 

こちらに来て1年半近くが過ぎようとしていて、

日常的な会話は全く通じないという事は少なくなりましたが、

話慣れていない内容の場合で、たどたどしく話すと全く通じない場合があります。

もちろん発音などの色々な原因はありますが、

同じ事を繰り返していると、相手が急にひらめいたような顔をして、

理解してくれることがありました。

発音が変わったわけでもないし、なぜだと思っていました。

相手が確認のために聞き返してくれたときに、

何かが違うことは感じていたのですが、

その「何か」はよくわかっていませんでした。

 

で、このYoutubeを見たときに、おおぉ~とひらめいたわけです。

そう「音節(シラブル)」です。

英語が話せる人からすると当たり前かも知れませんが、

自分にとってはかなり革新的でした。

 

動画でも解説がありますが、音節が異なると違う言葉に聞こえるという事です。

これは日本語での場合も同じ事が言えると、例を出していらっしゃるので、

 理解しやすかったです。


シラブル数が違うと英語は通じない!英語のリズムの超基礎編

 

この動画を見た後に、

  英語の歌は一音符に一単語、

  日本語の歌は一音符に一文字

という事を聞いた事を思い出しました。

英語には音節が大事なんだなと感じました。

 

あと、この動画の後半部分で、

簡単ですがストレス(アクセント)をつけた時と、つけてない時の違いを見せてくれます。

それを聞くと、お経読みの英語がいかに聞きにくいか、

相手に伝わりにくいかがよく理解できました。

 

今日からは音節にこだわって、会話したいと思います。

 

 

 Thank you for visiting my blog.